eraliy bloggg!

【 基本的に言いっぱなし独り言系日記 】
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2013.07.12 Friday

「銀の匙」8巻

 銀の匙ってどういう意味だろう…と気になっていたテーマがオープンになった後のこの展開。
ヤラれました…。いい話です。泣きました。先も気になります。

2012.12.01 Saturday

gleeシーズン2

今日の午後は、ひたすらglee(海外ドラマ)を見て過ごしました。
ひたすらっつ−ても3話分。
どの話も面白かったが、特にクリスマスのお話はほのぼのしていて良かったです(´∀`*)
ビースト先生良かったよ!

んで、海外ドラマって、未だに超悪役が存在してるのね。
随分前のドラマだけど、ビバヒルでも2人のキャラが常に対立してて
でも何かイベントの日は『奇跡』と言ってちょっと仲良く過ごすという…
アメリカドラマの典型みたいね、この構図は。

2012.06.19 Tuesday

「glee/グリー」面白いです

特に斬新という訳でもないのに、あの雑多感の後
素晴らしいパフォーマンスがちょいちょい挟まって
そのギャップが面白い。
パフォーマンスがっつり観たいなあ…
でもこの腹6分目感が良いバランスなのかも。

スーせんせー…困ったひと。
だけどちょっとこの人も面白くなってきた。
突然色んな人が歌って踊り出すから個人的に
誰が歌い出すかって驚くのが楽しみ。

段々曲がゴーカになっていくのも良いね。
特に、アブリル・マドンナ・ビヨンセ・ジョンレノン!
素晴らしい〜。

レイチェル好き!
皆のこと応援してるよ!

2012.05.16 Wednesday

『ねこ背は治る!』



私にとって、視点はそう新鮮なものでもなかったのですけど
まぁほんとに読んだだけで肩こり首こりなどが
随分とラクになりました!

まだ読んでない方、オススメですぞ。
『心技体』の根幹を知るための入門書という位置づけでよいかも。

2012.05.12 Saturday

笙(しょう)

今日、J-WAVEの番組で『笙(しょう)』の音楽を聴きました。
(↑リンクは、2012.05.12 O.Aのものをご覧下さい!)

もちろん初めて聴いた訳ではないのですけど
今日ちょっと衝撃でした。
wikiとかで笙を調べたら、パイプオルガンと似た原理で
音が出るとのことで、ちょっと納得。
私、パイプオルガンも大好きです。
きっとこの共鳴具合が好きなんだろうな〜。

息を吸ったり吐いたりして音が出るってことらしいけど
聴いているとブレスみたいなの感じないような。
ガムランのようなトランス効果のある音だと感じました。
急に日本音楽に興味出て来た。

2012.05.07 Monday

宇宙兄弟

コミックの宇宙兄弟を読んでます〜。
昨日1巻〜17巻まで一気読み。
今日も読み返し。二度目なのに、またもや号泣。

宇宙好きだ。
もう私の周りが地球じゃないような感覚。
なかなか1G(現実)に戻れないよう…。

2012.04.02 Monday

新ビバヒル3

シーズン3の途中参加で見てましたが…『3』の日本オンエア終わってしまったー!
ナオミの妊娠発覚で3が終了って…!°・(ノД`)・°
はやく4が見たいです!!

エイドリアナの素行がひどくて、見るのが耐え難かった。
それはかつて、青春白書の時のケリーとバレリーのようだった…
あの時は見るのが本当に耐えられなくなってヤメてしまった。
エミリーもひどかったなあ…
今回も何度となくやめようかと思ったが、他の皆が面白くて。
ナオミとマックスのカップルいいなあ。
チャーリーの引き際、感動。
他にも好きなエピソードあるけど、省略(ゴメン!)
エイドリアナがシーズン4でいいこになりますように…
(しかし、バックの中から薬が出てばれるって、どんだけウッカリよ?;)。

21話の、アイビーとラージの結婚式ステキ〜!!
インドの結婚式!!(。>ω<。)ノ
めっちゃ気に入りました! いつか絵にしたい!

2012.03.27 Tuesday

ボロ泣き

『地球イチバン(NHK)』の、ブータンの回 を見てボロ泣き。
雑誌でブータンのことは少し知っていて、国民総幸福のこと
知りたいと思ってました!
それにみごとにお答えしてくれた番組。

楽園がここに。

2011.07.12 Tuesday

24 -TWENTY FOUR- シーズン8 全話視聴感想とか

大好きな大好きな24、ついに全話見てしまいました。
映画でもまた会えるけど…もう24時間付き合ってくれるジャックはいないのね。

シーズン8感想を、ストーリーまとめてくださったサイトなど見ながら
つらつら書きます(超ネタバレです)

CTUのヘイスティングさん、かつてのCTUビル・ブキャナンみたいに
後からジャック組と仕事するかと思っていたら
辞めたきり出て来なかった…始めクロエとケンカしてた部分では
好きになれなかったけど、後の彼の率直な感じや柔軟な感じに
後半好感持てたので、再登場が無かったこと残念。

ファラド・ハッサンは、私的にシーズン8で一番のイケメンw
まぁしかし初見からコイツ黒い(腹が)と思って見てました。
最期はCTUに情報提供もして助け求めたけどね。

メレディス・リード記者は八代亜紀だと思って見てました。
が、真矢みきと仰る方もいるらしい…なるほど。

今回面白かったキャラは初登場スパイのデイナ。
ニーナといい後から変貌する頭いい女性を見るのが好きだ。
デイナの演技楽しかっただろうな〜いいな〜。
変貌と言えば、テイラー大統領。
まさかの、まさかの展開。
正義が服着て歩いているタイプの彼女が、まさかの行動。
彼女も演技が楽しかっただろうな〜いいな〜。
和平の為に、ウソなど重ねた彼女。
私は個人的に、ついても良いウソは存在していると思う。
なので、一番最初に彼女が和平調停を優先した時
(CTUに出向いた時あたり…でしたっけ)
私は正義に固執するジャックよりもテイラーさんのやり方の
方が好ましく思ってました。
でも…テイラーさんはどんどん手を汚していくハメになり
その様子を見てると、なるほどジャックの方が正しいのかも…
と、気持ちが変わって行きました。
しかし、私個人としては、ジャックのやり方が良いようにも
思えない。彼は殺しすぎるから。
結局またラストでは、ジャックはロシアやアメリカの人達から
命を追われる事になって、これでは復讐の繰り返し…
戦争と同じ図式のように思えます。

とはいえジャックの行動是か非かを論じると
24ドラマの良さが色あせてしまうので気にしないことに。
だってリアルじゃなくてドラマだし。

ジャックは、腹をナイフでさされたり拷問で傷をひどく
されたり、ついにはクロエから銃で撃たれたり
なんかすごいことになっているのに痛い顔ほとんどせず
今回も24時間もずっと闘ってましたね。
ラスト、生き延びてくれて良かったです。

あとハッサン大統領も良かった!
彼が死んでしまった時は、本当に悲しかったです。
その場でサミール(悪党)が発見されてCTU側が捉えたのは…
ハッサンと乱闘になったということなのかしら??
今回のナゾの一つ。
サミール逃げればいいのに。
ハッサン大統領夫人のダリアさんも良いキャラでした。
びじ〜ん♪

コールが犯した殺人と遺体遺棄、不問になったというより
忘れられた感が。そしてコールはシラを切るのか?
デイナが本当にコールを好きになったこと、
スパイを辞めたいと思っていたこと、このエピソードが
結構好きでした。デイナ…。

燃料棒のエピソード、ジョセフがなぜクロスを現場に残して
親父セルゲイに分かるようにしたのか謎。
あと投薬などで放射能中毒(って言葉があるんだ…)を治せるという
のはリアルに勉強になりました。

すみませんルネはあまり好きでなくて。
軽く嫉妬してるだけw
今回のルネは辛い役所でした。

全体通して印象に残ったのは、クロエの昇進!と
ハッサンの死です。あとキム、善良なキャラになってw

2011.05.03 Tuesday

AVATAR

遅ればせながら『AVATAR』観ました!!!!
すっっっっごい感動!!!!
号泣です!!

これはヒットしたはずだわ。
美しい惑星パンドラの映像、現代人が失いかけ求めている”スピリット(神/生命力)”と繋がる尊さ・賛歌が素晴らしい。
私の大好きな映画マトリックスにちょっと似ている感じ…
人が乗る機械(ロボ?大佐がラストで乗るやつ)とか、
アバターとリンクする感じ=どちらが現実なのか分からない気分とか。
で、でもAVATARが二番煎じっぽくないと感じたのですが、それは大枠の
今までよくあった設定『宇宙人に攻められる地球人』ではなく、
『宇宙人を攻める地球人』のように逆転しているから。
我々は悲しいかな、こうした意識に変化してしまった…
こういう気分になっているということを、AVATARという映画の鏡を通して
感じているということですね(自然から離れて、他の幸せを考えず
利益追求の為に他を破壊するパワーを持っている)。

ここでちょっとMATRIXとAVATARを比較。
マトリックスの場合、機械からの攻撃より人類を守る為にミフネ船長が
操縦してた機械、あのデザインが私にはわざと
”か弱い皮膚を持つ人間”を思わせるものになっていると感じました。
攻撃してくる機械達から生身の身体を守るには操縦席がむきだしで、
心もとない。つまり結局この機械は、機械なんだけど
人間の延長であるというデザイン(→映画制作スタッフによる)のよう。
機械に乗っていてもメンタリティ上の人間を捨ててないというか
捨て切れていない。
対してAVATARの場合は操縦席にフードがついている。
これは外気を吸わなくするためなのだろうけど、とことん操縦席にいる
人間を守る意志が感じられるデザインで、MATRIXのものと比較すると
攻撃するぞという意志やら、人間性を捨てて機械と同一化しちゃった
ように感じられる。
なので、見た目似たデザインなんだけどAVATARで二番煎じっぽく
感じない。設定が逆転してるから。

あとアバターとのリンク。
私は自宅で普通の(しかもブラウン管の)テレビで観たのでアレですが
多くの方は映画館3Dでご覧になったことでしょう。
そのため主人公が初めてリンクして”アバター”を得た時の気分と
初めて3D映画を観た観客が、より同調出来たと思う!
このスパイスは絶対大きいはず。
迫力ある美しい映像を作っただけでは3D映画は評価されない。
よく聞いたように、AVATARの場合はストーリーが良かった。
多分観客さんは無意識だったと思うけど、そこに加えて
3Dで映像を見るという”新しい感覚”=主人公が新しい身体を得た感覚・
新しい惑星に降り立ったワクワク感が、リンクしていたと思います。
その高揚感は一度だけしか味わえない素晴らしいもの。

以上アバターがヒットした理由の分析。
素晴らしい映画でした!!
パンドラ万歳!(。>ω<。)ノ
アバター2、3も制作決定 ということで…
楽しみだけど、でも一体どんなストーリーになるのかしら???

2011.02.12 Saturday

テガミバチ(10巻まで読了)

テガミバチ10巻まで読了。
うわー結構あっさりゴーシュの記憶が戻ったーっ(疑惑つきの状態だけど)。

いいですテガミバチ。
浅田さんがやりたいこと、とても伝わります。
自分の制作でずーっとずーと迷い悩んでいた部分を
浅田さんもなさっていて…私も勇気頂きました。
キャラが立ってきたし、関係も面白くなってきました。
話はいよいよ『仲間を揃えて悪と闘うぞ』の段階へ。

11巻も買います!オスッ!

2011.02.12 Saturday

テガミバチ(6巻読了)

ちょっと前から、時間が出来たら読みたいと思っていたのが
『ちはやぶる』と『テガミバチ』。
今年の目標はマンガやアニメをもっと見る、なのでw

私のお仕事もありがたいことに安定しつつあり、
そのお祝い気持ち込めてテガミバチ購入。
浅田さんの絵が前から好きで!!
雑誌Sで紹介されたのを見てトドメさされました。

やっぱゴーシュですね〜(#>д<#) !
ゴーシュラブです!
『こころ』ある熱いゴーシュは1巻だけ。
ゴーシュを助けたいラグに感情移入してこの先楽しく読めそうですが
でも、最大の山場はゴーシュを救う部分で
そうなっちゃったらもうゴーシュとラグのラブラブっぷりは
もう見られないんだろうな…
それを思うと切なくて切なくて °・(ノД`)・°
失恋のような胸の痛みを感じます。

だからいっそ心を取り戻したゴーシュとラグで
配達をするという、セカンドシーズン的な展開を期待したい!!!
盛り上がればそれもあるのかな。応援しまっせ!

(以上、先の展開が分からない時点での勝手な妄想)

2010.10.13 Wednesday

上村松園展、見てきました

上村松園展、見てきました。

20歳代の作品と60歳代の作品を見比べて、60歳代の作品の方が
のびのびしていたり線などが整理されているのはよく理解出来るのだけど、
この構図がよりピッタリになっているのはどーゆーことなんでしょう。

つか、どうしたら構図って上達するのでしょう。

近道などないって答えな予感がしますが。

作品はどれも素晴らしかったです。
こういう絵は大好物です(゚∀゚)

今から行かれる方!
チケットオンラインで買えます!
チケット購入するためには、20分くらいの行列がありまっせ!

2010.09.11 Saturday

リバティと若沖

○私も大ファン『LIBERTY』(生地・ファブリックメーカー)と
 ハローキティがコラボ! LIBERTYサイトの、ニュースのところなどで見られます。
 超かわいい!!春発売ということで、既にニュースではないw
 この布を使った商品も色々あるようです。ああ可愛い♪
 さすがリバティ、ちょっとこのセンスは凄い!!!

○水墨画の本を読んでました。
 以前東京国立博物館でプライスコレクション「若沖と江戸絵画」展 にて
 若沖にすっかり魅了された私ですが、今回その本を拝読しながら
 『やはり若沖は頭抜けてる!』と感じました。
 頭抜けてるかは個人の感じ方なんでしょうけど…
 総天然色の若沖の作品は、かなりリアルで細かいんですよね。
 プライスコレクション展示会でそうした印象しかなかったのですが、
 この本には水墨画があって、それはなんともみずみずしく
 大胆かつ軽快な、私からするとイラストでした!
 カラーの精密な絵も、こうしたざっくりしたイラストも
 どちらもみずみずしさと大胆さと軽快さと繊細さを持ち合わせていて
 印象が違うのに同じエッセンスがあるという、
 いやぁ若沖やっぱすごい!
 弟子になりたい…。
 キャッチーな絵師。多分若沖は現在の日本のサブカルを気に入ると思う。
 か、若沖は現在の日本で生まれ変わって
 メジャーな作家になっているのかもしれない、と思う。

2010.08.17 Tuesday

サマーウォーズ

評価:★★★★★(満点!)

好き! 好きすぎるっ!!

初めて1枚の宣伝用絵を見た時から、間違いなく
私絶対ハマると確信した映画。
やっと時間が出来てDVD見ました。

すごーい、全てが私の好み!
作画も動画も(少林寺拳法っすよ!)背景画も
3DCGも、これらをトータルで合わせた時の
ビジュアルバランスも、デザイン(OZの)も
音楽もストーリーもキャラも
全てを好きになれる作品なんて、私の場合
本当、数年に一度です!

キャラデザ貞本さん…は言わずとしれたあのお方ですが
美術、武重洋二さんって…ジブリの!?
業界詳しくないんでアレですが、いいんですか〜!(@0@)他のところで働いても!?
監督・脚本・制作は時かけメンバーさんなんですね。
時かけもとても面白かったです。なのでサマーウォーズの出来栄えはとてもうなずけます。

発想もいい、脚本もいい。
多分主人公は夏希・健二なんだろうけど
栄、佳主馬(キングカズマ)、侘助あたりも主役と言える厚い作り。
田舎の大家族とネットの世界という組み合わせ、
とっても素晴らしい!!
エピソードも秀逸だし、小さなギャグやらリアルで細かい演技も好印象。
マッドハウスさん、さすがクオリティ高い!
大事ですよね!
あと個人的にキングカズマ初登場シーンのBGMが最高に好き!
松本晃彦さんは、踊る大捜査線で大好きでした。
アクションも凄かった!
じっくり見たくてスロー再生したアニメは久しぶりです!
そしてOZデザイン最高!
そうか、これデザイナーさんに外注したのね。
映画見てて、それぞれ色んなジャンルの精鋭が集まって
作ったんだなーって、すごく感じました。
それがまったくケンカしてなくてホント凄い!
3DCGがとっても効果的に使われてて!
OZシーンは音響にも一工夫あって、耳障りが最高!

キャラは皆好きで、健二くんも好きですけど
やはり佳主馬&キングカズマがいいですねぇ(゚∀゚)
13歳ってところが!w
そのまだ小さい佳主馬のアバターの長身ぶりとか
こう、少年の心が伝わってくるようでいいです!

超ベタぼめ映画。
さっきからループで再生してしまうほどの気に入りぶり。
本当に良い作品です!
こういうオリジナル作品が増えるといいな!と
心の底から思います!!

2010.04.11 Sunday

ハンサムスーツ

☆☆☆☆☆ (5つ星の満点!)

先日(いつだ?)放送された ハンサムスーツ やっとビデオを見ることが
出来ました。
素直にラストのオチに驚けてシアワセでした♪
だまされるっていいよね、あと同じ映画を何回見ても
覚えてなかったとか。途中でそいえば見たような!みたいな。

話逸れました…
谷原さんの演技がはじけてて良かった!w
谷原さん好き〜!私は2枚目演技以外見たことなかったし
そういう意味でも良い映画。
一番ウケたのは、パーフェクトハンサムスーツ登場シーン。
あれ…スワロフスキーでデコってなかったでしたかね?
その感性超ウケました。さっすがーCMクリエイター!
青山なところも実にウマい。この辺もCMクリエイターさん
なんだなあって気がしました。

2009.10.09 Friday

イモトちゃん、ゴチ参戦

おお、あちこちで引っ張りだこなイモトちゃん。
ゴチバトルに参戦ですね!
楽しみ〜♪

2009.10.05 Monday

彼女好き

ニッキ・デビュー~エラへ捧げるスウィング(初回限定盤)(DVD付)
ニッキ・デビュー~エラへ捧げるスウィング(初回限定盤)(DVD付)
NIKKI YANOFSKY

ジャズボーカリストご紹介。たしか彼女15歳くらい。
そうね、Superflyボーカルの越智志帆ちゃんのイメージと重なるな、私は。

2009.08.08 Saturday

24 -TWENTY FOUR- シーズン7 10話まで

10話まで見ました!
やっぱり面白い。主要登場人物がCPU以外の人がほぼ新登場でも
グイグイ見せる手腕はさすが!
CPUが解体されててもジャックがアレでも、話がちゃんと24として進むのはナゼだ!?w
トニーが生きていたって設定も笑っちゃうけどヨシ!
トニー、これからも活躍してくれるかなあ。して欲しいなあ。

まだ見ていない話が残り14話もある!
ああ、楽しみ。パターンが読めてきてるけどまったく飽きないよ。
サザエさんのように長く見ていたいシリーズ。

今回のテーマである、結果を出すため手段をどうするか…については、私は結論など出るわけがないものだと思う。
大統領がテロに屈しないとして自国の人間をテロに巻き込んだことも結局同じこと。
FBIのラリー・モスのように、一方にこだわるのはあまり良くないと思う。
いい悪いはどこに立脚点を置くかで変わるもの。
皆が納得出来る状態は、テロや戦争が起きないこと以外にないのだから。

2009.06.21 Sunday

イモトちゃんガンバレ!!!!!

世界の果てまでイッテQ!ネタです。

かねてからイモトさん好きだったんだけど、今回のキリマンジャロ登頂企画ハンパないっすね!!!
企画自体も目が離せないし、今日オンエア見てイモトちゃんの好感度超アップですよ!!たまんないなあ!惚れたっ!(。>ω<。)☆

あと最近 朝日新聞で、向田邦子さんの本『あ、うん』を題材にして
皆で感想を言い合うっていう
コーナーを楽しく読んでます。
『あ、うん』は私の大好きな本。
皆さんの意見など見ていたら、この本を守る為なら命も惜しくないって気持ちになってきました。
これが愛なのね?


続きを読む >>
2009.03.02 Monday

ちょっとスゴいサイト

東芝のサイト

アート系。Flashバリバリ。
ボリュームも凄い!
こういう感性、大好き! やりたいことやらせて貰いましたというニオイがしますw

2008.11.15 Saturday

スター繋がり

初めてスターフルーツを食べましたよ♪
食感はシャリシャリなんだけどブドウみたいな味でした☆
食べたのはまだ未熟なものだったらしいです。
熟すともっと濃厚な甘みになるとか…
でも未熟なものも、爽やかな甘さで私は好きでした。
ちなみに同じスターフルーツを味見した殆どの人が、『美味しくない』と言ったようです。

元気ロケッツ の『Star Line』がヘビロテ中です。
ホラ、スター繋がりw
元気ロケッツは設定として、宇宙で生まれ育った30年後の19歳であるLumiが
フロントアクトをつとめるという、コンセプチュアル・バンドで
『Heavenly Star』の時から大注目してます。
応援してますよ〜♪

只今風邪でダウン中。
先月はこじらせてしまい2週間近くへばってました。
今回は早めに気がつけて、早めに休んだので、風邪には早めにお引き取り頂きたいです。


2008.11.03 Monday

スピリチュアルメッセージIII 江原 啓之著

思えば私のスピリチュアル遍歴とは…

・なだいなだ『心の底をのぞいてみたら』
・平井和正『幻魔大戦』
・佐々木淳子『那由他』
・ミヒャエルエンデ『はてしない物語』『モモ』
・『不思議クリニック』シリーズ
・アーノルド・ミンデル『うしろ向きに馬に乗る』『昏睡状態の人と対話する』
・美内すずえ『ガラスの仮面』(←ここにきて、仲間入り)

ぱっと考えてこんな感じ。
ちなみにリアルの世界で体験した出来事も多々アリ。
誰に教えられた訳でもなく、あらかじめ内にあったものっぽい感じです。
『不思議クリニック』シリーズで前世の概念に出合った時は若干の抵抗がありましたが…それも今や市民権を得たような。世の中の進歩だ!

スピリチュアルメッセージIII 愛することの真理
スピリチュアルメッセージIII 愛することの真理
江原 啓之

↑で、これは現在出版されているシリーズ物で、他シリーズもおすすめな本です。
とかいいつつ、Iは私読んでいないんですけどね(汗)

愛について、私は理解が浅い人なので勉強したくて買いました。
まことの愛とは何か、ズバリ書いてあります。
愛とは『神そのもの』であり『光』である。
ここまではよく聞くフレーズなのですが、今回衝撃を受けたのは
愛とは『叡知』である、という事。
感情とか感性というよりは…『理解する』というような言葉で表現するのに近いのだそうです。
私の道のりもまだまだ長そうです。

スピリチュアルメッセージIIも興味深い内容でした。
気になる方にはオススメです!

2008.10.12 Sunday

東南アジアなのです!!!!

たった今『世界の果てまでイッテQ!』見てて、松嶋尚美サンがラオスとタイに
行ってましたよ!
見ながらたまらず、一人で叫んでました!

私も行きたーい!!!!

私の海外への興味は、沖縄、インド、トルコ、シンガポールと、基本アジアです。
そこにラオスとタイも加わりました!
正直、飛行機電車バス等乗り物すべてが苦手になってきたので
実際に実行出来るかは微妙なのですけど、それでもこの熱い気持ちは抑えられない。

そしてその話とは関係ないけど、ガンダムOOセカンドシーズンの話。

続きを読む >>
2008.09.12 Friday

ギアス R2 #22

ブログパーツ貰ってきた♪
このブログパーツ、セリフはC.C.の方が好きなんだけど
サイトにはルルを常設したかったので、こうしてみました〜。
ブログパーツのリンク先に行くと、ルルやC.C.に自分の好きなセリフを言わせることが出来ます。
一度しか言わないぞ、愛してる!

続きを読む >>
2008.09.03 Wednesday

ギアス R2 #21

ギアス、ずっと見てます!
あまりのスゴさに壊れてますので、伏せてみました!

続きを読む >>
2008.08.27 Wednesday

ガラスの仮面、花ゆめ連載中!

好きなシリーズもののマンガの発売日前に「電波」もらって(=何か急に気になって)
以前買ったマンガを読んだら丁度後日新刊がでた…とか、
そーゆーことが度々起きる私。

無意識チェックだったり、『そろそろ!?』と期待したらまだだった…ってことも
普通にあるので、百発百中などではありません。
でもそうした「神様から送られるメルマガ」の受信感度は高い方じゃないかな。

今回は何と夢のお告げでした。
ガラスの仮面のとある場面が急に浮かび、そしたら手持ちの本を読みたくなって
紅天女編をベロベロ泣きながら読んでました。それが昨日。
今日、近所のスーパーの雑誌コーナー(いつもは覗かないんですよ?)見たら
別冊花ゆめの背表紙にマヤがいるじゃありませんかっ!!!!
先月から再開していたようです!
昨日『続きが読みたい!』と念を送ったところでした!

しかも、というか本題はここなんだけど、
めちゃめちゃいい方向に
話が動いているではないですかっ!!!!!
o(>ω<*)o


大興奮ですよ!
私は作品を見ると、制作者サイドの気持ちや状況が何となく分かる…のですが
(これも「電波」の一種だと思うけど、制作者に確認出来ないことが多いので
この感覚が当たっているかは不明です、けど多分当たってると勝手に思ってますw)
ガラスの仮面、花ゆめ10月号の話を見た時に
制作現場である美内すずえさんの気持ちが、手に取るように分かりました。
それがあまりにもスゴく気持ちよくて、夢のようでした。

美内すずえさん本人のお話、詳しいことは知らないのですけど
ニューエイジ系に行っちゃったというウワサを聞きます。
でも、こういう(花ゆめ10月号)お話、とてもいいと思います。
良いところも良くないところも、きっと私は美内すずえさんと似ているんだろうと思います。
超親近感。
いや! そんな話はどうでもよくて(苦笑)
紅天女の続きが読めて、本当に良かった…!!!
これからまた進めるのに悩むと思うんですよ、でもでも
絶対完結させて下さい!
美内すずえさんの才能に惚れ込んでます! 応援してます!!

2008.08.21 Thursday

たたたたた田中さんっ!!!

『Genius Party Beyond』 が、いよいよ公開間近です♪
私の大好きな田中達之さんが参加しているアニメですよ。
田中さんと言えば、あちこちで予告をしておきながら本を未だ出版せず
前作の『Genius Party』でも参加と聞いていながら不参加で、
一体再び彼の作品を見ることは出来るのだろうかと心配&諦めかけていたのですが
なーんだ! ちゃんとお仕事してたのね! 良かったです!

動画も見ました。さすが…としか言いようがない出来映えです。
DVDが欲しい!
田中さん、お疲れ様!(そして次作は何!?)

あっ、この映画ではあの菅野よう子さんが声優参加です!!!
菅野よう子ファンは是非チェックを!

2008.07.14 Monday

Tchavolo Schmitt

チャボロ・シュミット(Tchavolo Schmitt)が好きです。
iTunesでも取り扱いがありますよ。
ちょっと昔の(外国の)酒場風、またはディズニーランド風w
でもねえ、今iTunes Store見てるんですけど
どれ買おうかなあ。悩みますねえ。

古いジャズとか好きですねえ。
やっぱりイメージとして、外国の酒場風なのとか、ディズニーランドにある
お店BGM風なやつ。
ビールとソーセージとガヤガヤ感と拍手と歓声とか好きですねえ。
もう少し高級な感じで、フォークとお皿のカチャカチャ音としっとりとした拍手&それに似合うジャズ(ビルエバンスとか、その他ボーカルものも好き)も
いいですねえ。
結局、酒場なんですねw(私自身はお酒が全く飲めないので、酒場へ行く
機会が殆どないのですけど)

2008.05.24 Saturday

オーシャンズ13

評価:☆☆☆☆☆(満点!)

オーシャンズシリーズどれも面白いです。
今回も面白かった〜。
『こうすればクリア出来る』と、難題に向き合っている人が
単純に好きなのね。フィクションだろうがノンフィクションだろうが。


ところで、
もう少ししたら先日まで取り組んでいた私の仕事を
当サイトでも公開出来る予定です。
どうぞお楽しみに!